今日の運勢 >幸せを引き寄せる >1 親切 

「今日の運勢」幸せを引き寄せる方法1親切する

img_01

今日の運勢の秘密、あなたが確実に幸福になる方法を紹介しています。

 幸せはどこからやってくるのでしょうか。その原因を解き明かした、シンプルだけどパワフルな法則があります。

Contents

「今日の運勢」幸せを引き寄せる方法1親切する 目次

「今日の運勢」親切する-「布施」とは

お釈迦さまが生涯を通じて教えられたのは、
善いことをしなさい
ということです。
そのお釈迦さまが一生涯説かれた善を6つにまとめられたのが
六度万行です。

その第1にあげられるのが、布施(ふせ)です。

布施
というのは、ほどこしをすることです。
現代の言葉では、親切のことです。

親切のポイントは何でしょうか。

それは、心が大事ということです。

「今日の運勢」親切の重要ポイントは「心」

ほどこしは、お金や物の量よりも、心が大事と言われます。

ある時、ツルゲーネフという、ソ連の作家の門の前に、
乞食が立ったことがありました。

しかし、ツルゲーネフも、その時
自分がその日食べるものがない状態で
何とか何か分けてやりたいと思っても、何もありませんでした。

それで、乞食の手を握って「兄弟」と手を握ったそうです。
あとからその乞食は、
長い間乞食をしていたけれども、
あのとき以上にうれしい頂きものしたことはなかった

と述懐したそうです。

一体、ツルゲーネフは何を施したのでしょうか。
何もなくとも心からの親切が、どんなに周りを明るく、
和やかにするか分かりません。

逆に、100円くれたとしても、乱暴に投げつけられたら
嬉しくないのではないでしょうか。

ではここで、
それなら友達に100円おごろうと思っていたけどやめておきます
というのは内容を正しく理解しているでしょうか。

もし、お金がある人が心がある場合、ほどこしが増えるはずだからです。
お金や物の「量」よりも、一番大事なのは、「心」
だということです。
大変難しいところですので、
よくよく読み返して頂いた方がいいかもしれません。

「今日の運勢」物やお金がない人でもできる

では、一切お金や物を持たない人は、ほどこしができないのでしょうか。
お釈迦さまは、一切お金や物を持たない人でもほどこしができる
無財の七施を説かれています。(雑宝蔵経

眼施(げんせ)――――優しい温かい眼差しで周囲の人々を明るくすること。
和顔悦色施(わげんえっしょくせ)―優しい微笑みを湛えた笑顔で人に接すること。
言辞施(ごんじせ)――優しい言葉をかけること。
身施(しんせ)――――肉体を使って人のため、社会のために働くこと。
心施(しんせ)――――心から感謝の言葉を述べること。
床座施(しょうざせ)――場所や席をゆずり合う親切。
房舎施(ぼうしゃせ)――求める人、訪ねて来る人があれば一宿一飯の施しを与え、その労をねぎらう親切。


現代日本では、治安の関係もあって房舎施は難しいかもしれませんが、
それ以外のことを心がけている人が、幸せになってゆくのは
直感的にもよく分かるのではないでしょうか。

「今日の運勢」親切の心がけ

ところが、
これだけ親切したから、これくらいは見返りがあるのではないか
というのは、商売であって、親切ではありません。

これだけやっているのに何もしてくれない
などと思ったら、よけい腹が立って不幸になってしまいます。

お釈迦さまは「三輪空」といって他人に親切した時、
この3つを空じなさい、忘れなさい。
と教えられています。

施者…私が
受者…誰々に
施物…何々を


親切は、心が大事ですから、
このような心がけで親切をしてこそ、本当の親切なのです。

確かに言われてみればそうだと思われませんでしょうか。

「今日の運勢」親切する対象

ところが、ほどこしは、意外と誰でも彼でも
しまくればいいのではありません。


悪人にはしないでください。
悪人にほどこしをすれば、
ますます世の中が悪くなるかもしれません。

また、なまけものにほどこしすれば、ますます堕落してしまい、
遊び人にほどこしをすれば、ますます身の破滅です。

お釈迦さまは、ほどこしの相手を教えられて
福田」と説かれています。
田畑は私たちの命をつなぐ米や麦を生み出す土地ですが、
福田は、私たちの心の糧となる福徳を生み出すといわれています。

田畑に種まきすると、いったん自分の財産が減ったように感じますが、
やがて秋になって何倍もの収穫があります。
同じように、心をこめた親切は、親切をした人に報われます。
ほどこしは受けた人よりむしろ、
ほどこしをした人が幸せになるのです。

例えば挨拶は、される人が幸せなのではなく、
挨拶する人が幸せなのだということです。

その福田といわれるものに次の3つあります。

敬田…敬うべき徳を備えている人
恩田…ご恩をこうむった人
悲田…苦しみ悩んでいる人


このような相手にほどこしをすれば、
大きな幸せがかえってくるのです。


このように、親切は幸せへのすばらしい道だと思っても、
自分の欲のことばかり考えている私たちには、
なかなかできません。

そこで、お釈迦さまは、こう説かれています。

親切しようと思う人は、
そのうち余裕ができてから大いに親切しよう
と思っていると、到底できるものではありません。

お金も財産もできないうちに、人に盗まれたり、
事故などで失ったりして、後悔します。
ついには自分も親切せずに死んでしまいます。

だから親切は思い立った時にするようにと教えられています。

このサイトは、あなたが幸せになりたいのに、
どうしたら幸せになれるかわからず、
幸せのチャンスを失わないようにと、
今日の運勢」の秘密と幸せの法則を公開しているのです。

ですがもちろん、あなたが幸せの法則を信ずるか、
占いを信ずるかは自由です。

当サイト「今日の運勢」の内容をよく理解して、
将来の幸せのために自分自身で判断してください。

また、あなたが幸せになるための、一番深い内容を
以下の小冊子にまとめましたので、
もしご関心があれば、ご覧下さい。

あなたを一生苦しめる
人生最大の間違い

今日の運勢 小冊子

 2500年以上前に解明され、ほとんどの人が知ることがなかった
幸福になれない秘密!
お金や名誉を喜ぶ心の奥底で動めく心のシステムを
7ステップ80ページでついに公開!

メールアドレス:




メルマガにも登録されますが、いつでも解除できます。